岡山県岡山市の歯科医院 さながわ歯科クリニックです / どうして虫歯になるの?虫歯と唾液の関係をご説明します。

トップページへ              
診療内容 医院案内 アクセスマップ スタッフ紹介 院長紹介 お役立ちリンク集 お問合せ
             
TOP >診療内容 >どうして虫歯になるの?

どうして虫歯になるの?

→ 虫歯の予防法 → あなたの虫歯度は?

お口の中や歯の表面には、虫歯をつくるバイ菌=虫歯菌(ミュータンス菌など)がいます。その虫歯菌の出す「酸」により、歯が溶かされてしまい、虫歯ができるのです。
さらにこの虫歯菌の温床になるのが、プラーク(歯垢)です。
このプラークの溜まる量が多いと、虫歯になりやすいのです。

■飲食の回数が多い(プラークの量が溜まりやすい)
■唾液の量が少ない
■唾液が酸性
■虫歯の治療が多い などなど…

虫歯菌たちの勢力バランスが崩れるような生活、唾液や歯の性質など「かかりやすい要素」が重なったときに、虫歯歯周病に掛かってしまいます。



◎虫歯の掛かりやすさとそのチェック方法◎

ラクトバチラス菌 かみ合わせの溝や詰め物の隙間、虫歯の穴などに多くいる。
砂糖を与えると強い酸を作り、歯を溶かす。
ミュータンス菌 ネバネバの歯垢を作って、虫歯のきっかけを作る虫歯菌。
ミュータンス菌のみを培養して数を調べることが出来る。
唾液の緩衝能 飲食で酸性に傾いた唾液を中性に戻る力。リトマス試験紙のような検査で調べる。
唾液の量や性質 唾液の多い少ないを調べる。唾液の少ない人の方が虫歯になりやすい。
虫歯の経験 治療が多いとそこからも虫歯に掛かりやすい。
フッ素洗口 大人の歯に生え変わる小学生には、フッ素洗口をすすめる。


唾液の量が多いと、虫歯にかかりにくい。


フッ素洗口で、強い大人の歯を作る!


(C)2003.SANAGAWA DENTAL CLINIC.All rights reserved.